image02

バイトでイベントコンパニオンで働いているので

バイトでイベントコンパニオンで働いているので、体験談をレポートします。 今のバイト先はとてもハードですが、その代わり、他の支店よりも時給アップしてくれるのがこのバイトを選んだ理由です。 仕事のボリュームには波があるので、手が空いたら次の時間帯に働く人がスムーズにできるよう段取りを組んでおくなどして、みんなで協力し合って頑張っています。 このことからも、チームワークやこまめな連絡が必要な職場なのです。 絶えず他の人のことまで気を回してバイトをすると、最終的に自分の仕事内容もヘルプしてもらえるということを体験したバイトでした。

イメージ バイトの経験に自信がなくても採用されるにはどうすればいいか考えてみましょう。 最適なのは、未経験者優遇と書いてあるバイトや、年末年始などの短期間のバイト、高校生可とあるバイトを選ぶことです。 これは経験が少ない人を予想して募集しているので、働くのが初めての人にもできる作業の仕事が殆どで、初歩的なことから教えてくれるので、おすすめです。 それ以外に、友人と誘い合ってバイトする方法や、温かい雰囲気のバイト先を選ぶのも、バイト未経験者には良い方法です。

バイトを見つける時に気になるのは勤務地の場所です。 一般的なバイトは時給制で給与計算されますよね。 ですから、バイト先で働く時間以外にも、バイト先を往復する時間も含めないと損するかもしれません。 例えば通常のバイトより高時給でも、自宅から職場まで往復で二時間かかるなら、往復二時間も合わせたトータルの時間から時給換算してみます。 すると、実際には安い時給になってしまいます。 そのため、バイトの勤務地もチェックしてバイト探しするのがポイントです。

バイトの面接時の格好でお困りですか。 一般的には私服で問題無いのですが、塾講師や教育関連の仕事、事務バイト、公共施設のバイトなどの場合は、ジャケットやブラウスなどを着るのが無難でしょう。 そして、ショップ店員に応募するなら、そのお店のセンスに合ったファッションが良いでしょう。 どういったファッションでも、ルーズな着こなしはいけません。 ピシっとした身だしなみで面接の場に臨みましょう。